審美治療

審美治療

審美治療とは

審美治療とは

審美治療とは、お口の中の見た目と機能の両方を良くするための治療です。治療をしたけれども、「口を開けると銀歯が見えて気になる」「歯の色が気になる」「歯並びが気になって笑えない」という、口元の見た目の悩み全般に対応するのが「審美治療」です。

当院の審美治療では、歯の白さや歯並びといった美しさのみを気にするのではなくしっかりと噛めて長持ちするかどうかという機能面も重視して治療を行っています。金属を使わない人工歯は、天然歯と見た目に全く遜色がなく他人から見て気付かれません。人工歯には、歯全体を覆うクラウン(かぶせ物)と、一部のみをつめるインレー(つめ物)があります。人工歯にも様々な種類があり、患者様の状態や要望に応じて使い分けます。

金属アレルギーに対する考え方

歯科の素材では金属を使うことがあり、それらがお口の中に入っていることで金属アレルギーを引き起こしていることがあります。歯科治療を受けてから体調がおかしい、といった場合や、お口の中に金属を入れてから、口内炎や皮膚炎が治らないといった場合、金属アレルギーである可能性があります。もちろんもともとネックレスや指輪といった金属製品にアレルギーのお持ちの方は、お口の中の金属が反応していることも少なくありません。金属アレルギーはこれまであまり問題にされていませんでしたが、最近注目を浴びています。
当院では、金属アレルギーが疑われる場合は、まずは皮膚科などをご受診いただき、どの金属に対して反応しているかを調べていただいております。金属には種類がいくつかありそれらのどれが反応しているかによって治療の方針を変えていきます。

かぶせ物・つめ物の扱っている種類

かぶせ物・つめ物の扱っている種類
歯科で扱われている一般的なかぶせ物(クラウン)・つめ物(インレー)についてご説明します。

オールセラミック(クラウン・インレー)

白く透明感のあるセラミックを使用しています。特徴は、内部に金属を一切使用していないこと。そのため透明感があり自然な風合いです。また、長く使用しても変色することがないのも特徴です。経年とともに歯肉が下がっていっても、差し歯特有の黒ずみが見えにくいのも特徴です。美的に優れているため、主に前歯に使用する方が多いです。金属アレルギーの心配がない点もメリットです。

ハイブリッドセラミック(クラウン・インレー)

セラミックとレジンというプラスチック素材を混ぜあわせた素材です。ハイブリッドであるためオールセラミックよりも柔らかいのが特徴です。したがって噛み合う対合歯にダメージを与えにくいというメリットもあります。

メタルボンド(クラウン)

金属で作られた素材の外部を、セラミックでコーティングしたものです。セラミックで覆われているため金属部分が見えず、見た目もたいへん美しいです。セラミック同様変色もしない点もメリットです。加えて、内部に金属が入っているためオールセラミックよりも強度が高いことも忘れてはならないメリットで、多くの患者様が選択される素材です。

ご予約・お問合せは
お気軽に

contact

武蔵小山で歯医者をお探しなら武蔵小山M.K歯科クリニックへ
土日診療・平日夜間21:30まで診療

  • 0120-677-453
  • メールお問い合わせ
  • Line
  • pagetop