矯正歯科

矯正治療とは

矯正治療とは、歯並びを整えていく治療です。矯正治療が必要とされる歯並びには下記のようなものがあります。

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)
いわゆる「デコボコ歯」です。叢生は歯が大きいためにはえるスペースが狭く、そのため重なりあって生えている状態です。乱ぐい歯とも呼ばれます。

上顎前突
(じょうがくぜんとつ)

いわゆる「出っ歯」です。上の顎や上の前歯が前に飛び出している状態です。上顎前突には、歯のみ前方に出ている場合と、そもそも上の顎全体が前に出ている場合とがあります。

反対咬合

反対咬合
いわゆる「受け口」です。上顎前突とは逆に下の歯が上の歯より前に出ている状態です。噛み合わせる歯が少ないために噛みづらいだけでなく、顔つきもしゃくれた感じになります。

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)
奥歯を噛みしめても前歯が噛んでいない状態です。前歯に隙間が開いたままなので、うまく発音できない、よく噛めない、見た目が良くないといった症状を伴います。

子どもの矯正治療、治療の流れ

子どもの矯正治療、治療の流れ
まずは、ご来院いただきお話をうかがいます。その際に費用や期間等のご説明をさせていただきます。矯正治療に際し疑問に思っていることや、不安なことなどは何でもお尋ねください。その後、より正確な診断をするために、レントゲン撮影や印象採取などの検査を行います。それをもとにより詳しい治療計画を提案させていただき、ご納得いただけたら治療が開始となります。実際の治療が開始されたら定期的にご来院いただき矯正をすすめていきます。終了後は、リテーナーといって後戻りを防ぐ装置を使ってもらいます。リテーナーを使用する期間は症例によって異なりますが多くが数年単位です。

武蔵小山M.K歯科クリニックの子どもの矯正治療

子どもの治療の場合は、ご本人の主体性が大切なので、親御さんだけでなく本人とも密なコミュニケーションをとり、楽しめるように治療をすすめていきます。また、学業やスポーツ等のイベントにできるだけ支障がないよう調整を行っていきます。

大人の矯正治療、治療の流れ

大人の矯正治療、治療の流れ
大人の矯正治療の場合、歯列が出来上がっているため抜歯が必要なケースが少なくありません。歯を抜くか抜かないかというのは患者様にとって大きな問題です。それらを含めてお話をさせていただき、精密検査を行って実際にかかる費用や期間、また抜歯の有無などを説明させていただきます。ご納得いただけたら治療が開始となります。実際の治療が開始されたら定期的にご来院いただき矯正をすすめていきます。終了後は、リテーナーといって後戻りを防ぐ装置を使ってもらいます。リテーナーを使用する期間は症例によって異なりますが多くが数年単位です。

武蔵小山M.K歯科クリニックの大人の矯正治療

当院では、成人の方の矯正に関して、より利便性が高くなるよう心がけながら治療を行っております。会社や家庭の事情などにより、通えないということもあるでしょう。そのような場合でも、なるべく患者様に対して負担が少なくなるよう受診日をずらすなどの配慮を行っております。忙しい患者様がストレスフリーで矯正治療を続けていけるよう当院では全力でバックアップをしております。

ご予約・お問合せは
お気軽に

contact

武蔵小山で歯医者をお探しなら武蔵小山M.K歯科クリニックへ
土日診療・平日夜間21:30まで診療

  • 0120-677-453
  • メールお問い合わせ
  • Line
  • pagetop